ブランドタグを付け替えて、
新しい名前、新しい価格で、新しい人へ服を届ける。

アパレル廃棄という社会課題がきっかけで生まれました。
ブランドネームではない、服の新しい売り方です。

  • Renameについて詳しく

  • Renameムービー

About

Renameについて

年間15億点。国内のアパレル余剰在庫数*。
それは、一度も着用されなかった服の数でもあります。

残った在庫の値下げ販売や、売り場を変えることは、
ブランドイメージを低下させてしまう。
シーズンやトレンドもあるため、売り続けることも困難です。

そのため、多くはそのまま廃棄処分されています。
*小島ファッションマーケティング調査による


そうした服のブランドタグを付け替え。
Renameという、新しい名前に生まれ変わります。名前が変われば、ブランドイメージに影響を与えません。

価格や場所を変え、イメージも新たに自由に販売。
捨てられるはずだった服が、
ブランドイメージという枠を超え、より多くの人に服本来の価値を届ける。

そして、服を着る私たちにとっても、Renameは意味を持っています。

Renameの意味

1.服本来の価値 -Original Value- Renameは元のブランドが分かりません。服そのもので選びます。
ブランドイメージが気にならないので、これまで手にとったことがない服と出会えるかも。

バリエーション豊富な服の中から「自分のえらび方」で。"服本来の価値"を再発見する機会です。

2.価格以上の品質 -Quality over Price- より多くの人に届けてこそ意味がある。
元のブランド時から30~80%OFFした新しい定価にしています。ブランドの服だったから「品質も安心」。

値段相応ではなく、"価格以上の品質"で。ファッションをもっと身近にします。
※元のブランド時の価格は表示していません。表示価格(黒字)が値引き後の定価です。

3.人や環境にも良い -Social Good- 服をつくるためには、資源やエネルギーを消費します。
そしてなによりも、「服をつくる人たちの想い」がそこにあります。

廃棄を減らし、つくり手の想いも届ける。それは"人や環境にも良い"。
「えらぶこと」が何かにつながる、ちょっと身近な社会貢献です。

Movie

ランキング

表示する商品はありません。

もっと見る

新着アイテム

表示する商品はありません。

もっと見る

公式インスタグラム

    最近チェックしたアイテム

    表示する商品はありません。

    PAGE TOP